船場の新たなまちなみ資源発掘!「船場の戦後ビルMAP」堂々完成です!! 

みなさんは‘戦後ビル’ってご存知ですか?
戦後ビルとは・・・ことばのとおり、戦後復興期から高度経済成長期、
1950〜1970年代に建てられた『戦後の建築』のことです。


今ではすっかり人気者の‘近代建築’(明治〜昭和初期)に比べて
これまであまり注目を集める存在ではなかった‘戦後ビル’

しかし、よく見てみると・・・・ん? んん?? んんん???
一見、シンプルな外観ですが、細部には遊び心や手づくりの跡、
現代では出せない風合いや個性が光っています。


大阪万博から40年、花博から20年、上海万博も開催・・・・
次に来るのは‘戦後ビル’に間違いない!!という深い思い込みのもと、
協議会メンバーが中心となって
船場の戦後ビル(と思われるものも含め・・・)600件あまりを探索

多くの方々に‘船場の戦後ビル’の魅力と価値を伝えたい!!という熱い気持ちで
『船場の戦後ビルマップ』を作成しました



マップは1部100円(
実費相当・活動賛助金として)でお分けしております。
ご希望の方は、お近くの役員にお声がけください。

毎日前を通っているけど、毎日そこで働いているけど、
全く気にも留めていなかった船場のビルたちの多くが
とってもキラキラしたものに見えたり、かわいいーって思えたり、
すごいぞーっ感心したりすること間違いなし!(のはずです・・・)

さあ、マップを手に入れて、
船場のまちの風景をいつもと違ったものにしてください!

【船場の戦後ビルマップ】
・A2サイズ(折りたたみ時A5サイズ)
・内容



,海離泪奪廚寮気靴せ箸な

∪鏝絅咼襪辰董帖



〜ゾ譴寮鏝絅咼襯泪奪

▲供αゾ譴弊鏝絅咼襦覆勧め戦後ビル45件を写真入りで紹介)
コラム「御堂筋の戦後建築」
と岾以圈崢敢座發離泪ぅ侫Д丱螢奪函
・価格 1部100円(実費相当・活動賛助金として)
・発行 船場地区HOPEゾーン協議会
・企画編集 同協議会専門部会(近代建築等)・大阪市都市整備局
・監修 高岡伸一(高岡伸一設計事務所主宰、大阪市立大学都市研究プラザ特任講師)
・協力 船場地区HOPEゾーン事業地区内の戦後ビルオーナーのみなさん


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/01/04 1:56 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/01/30 5:59 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

過去の記事

HOPEゾーン船場HOME

 

まちなみ修景report

サイト内検索

mobile

qrcode

その他

みんなのブログポータル JUGEM